毛ジラミ投稿情報
未確認ですので保証は出来ません(^^;;;


クロさん 掲載日2001.06.11

「人に寄生するしらみ(虱)には、頭じらみ、ころもじらみ、毛じらみの3種があり、各々種類は別のものであります。
毛じらみは人の陰毛や外陰部皮膚を特異的に好む習慣を持ち、形態的にかに状で、3対の足を持ちます。皮膚面や陰毛では虫体は褐色の点状に付着しています。また、卵が毛と皮膚に白く点状物として付着しているのが見えます。
毛じらみは1日数回吸血し、1日に2〜3個の卵を産みます。この吸血によりかゆみが出現するわけです。

駆除は薬局にも売っているスミスリンパウダーというものを1日1回散布します。これは成虫に効きますが卵には効きません。そういった意味で完全に剃毛された方がよいです。つまり、成虫を除去し、卵も除去してしまえば、治療は完了したことになります。

感染経路ですが、衣服や絨毯は関係ないものと思われます。あくまでも、しらみは人や動物に寄生し、血液を吸ってこそ生きていけるわけだからです。成人の毛じらみの場合、ほとんどは性交渉からの感染です。」  以上、いろんな情報や文献を調べた内容ですので間違い無いと思われます。


匿名希望さん 掲載日2000.05.12

私は60歳の男性です。セックス感染症 毛じらみに若い時、悩みました。今回は毛じらみ退治について皆さんに、とっても良い方法をお知らせしましょう
毛を剃ったり薬局で薬を買ったり病院へ行ったり、恥ずかしい思いをしなくて良い方法です。
またどの薬局でも置いている訳でもなく何軒も廻って恥ずかしい思いをした記憶があります。
退治方法   お部屋のダニ退治のバルサンと丸いごみ箱とタオルを用意して下さい。
タオルで口鼻をふさぎ、丸いごみ箱の中でバルサンをつけ陰部におしつけます。
これで親も毛に産みつけた卵も完全に退治できます。
3時間乃至4時間後には風呂できれいに洗い流しましょう、そうしないと肌が荒れますよ。
女性の方は大陰唇に何か貼り付けて治療して下さい。
次回にはセックス感染症で特に多くて、しかも抗生物質に抵抗力をもった雑菌、クラジミアの民間治療、および性病にかかりにくい予防策について掲載したく思っています、ご期待ください。
とりあえずは、憎っくき毛じらみの退治だ。〜〜〜〜〜〜