ビタミン他について


種類

主な食べ物

効果

備考
ビタミンA 肝油、レバー、ほうれん草、かき、うなぎの蒲焼、にんじん、トマト、バター、卵黄、海苔、さつまいも 暗いところで目が見えにくい人、目の乾きが気になる人
皮膚がかさかさしたり鳥肌が立ったように荒れている人、にきび、タバコを吸う人、風邪の予防
不足は尿路結石の原因になる事も。また、粘膜の角質化により感染症に掛かりやすくなる。ガンの確率も高くなる。
効果にはビタミンB1、B2、パントテン酸などの同時摂取が大事。
ビタミンB1 レバー、卵、豚肉、うなぎの蒲焼、もつ、米胚芽、ごま、豆類 肉体疲労、肩こり、腰痛、手足のむくみ、便秘、精神的安定、不眠、すぐに動悸息切れがしたり、疲れやすい人、酒飲み、糖尿病 糖代謝をよくする。
不足は脚気(かっけ)の原因になる事は有名
ビタミンB2 卵白、牛乳、乳製品、納豆、豆類、レバー、のり、もやし 肌荒れ、皮膚炎、口内炎
唇の荒れ、まぶたの充血、不眠、酒飲み、糖尿病
脂質代謝をよくし、脂肪肝を防ぐ。
カンジダの治療で処方されることもあるそうです。
不足は成長の停止にもつながる事も。
ビタミンB6 大豆、豆類、いも類、レバー、肉類、牛乳、卵、魚類、果物 肌荒れ、皮膚炎、口内炎、貧血、つわりの軽減、糖尿病 アミノ酸合成に必要。
多くの食品に含まれるが、冷凍加熱で壊れやすいので調理時には注意。
不足は脂漏性皮膚炎や月経異常、フケ症になる事も。
ビタミンB12 レバー、肉類、貝類、魚肉エキス 貧血、肩こり、腰痛、下痢 多くの動物性食品に含まれる。
神経の機能維持に関与。赤血球の形成に役立
ビタミンC 果物、大根、キャベツ、きゅうり、ほうれん草、いも類、緑茶、とうがらし、ブロッコリー、ピーマン しみ、そばかす、むくみ、疲れ、便秘、精神的安定、ストレスの多い人、歯茎からの出血、骨折しやすい人、二日酔い、タバコを吸う人、目の老化防止、妊婦、授乳期の人、コレステロールの高い人、糖尿病 熱、水に弱いので生で食すようにするのがいい。
風邪やガンの予防。
コラーゲンをつくるときに役立つ。
エチルアルコールの分解。
乳幼児がオムツ換えのときに足を動かしたがらないときは不足の注意。
ビタミンD レバー、卵黄、かつお、さんま、いわし、まぐろ、しいたけ、バター 骨や歯の弱い人、妊婦、授乳期の人 カルシウムとリンの吸収に重要。
不足は「くる病(骨が曲がる)」の原因になる。
ビタミンE きゃべつ、レタス、バター、マーガリン、落花生、米、大豆、たらこ、肉類、卵黄 肩こり、冷え性、しもやけ、月経不順、貧血、高血圧、皮膚の老化防止 多くの食品に含まれるので普通の食事でまかなえる。
細胞の老化現象の抑制に効果。ガンの予防にも。
不足は不妊症の原因になる事も。
ビタミンK にんじん、パセリ、きゃべつ、緑茶、レバー、トマト、納豆、ほうれん草 内出血をしやすい人、抗生物質を飲んでいる人 血液の凝固に関与し、止血に役立つ。
カルシウム いわし、牛乳 骨や歯の弱い人 ビタミンDとの同時摂取が大事。
精神安定にも重要とか。
マグネシウム 干しひじき、大豆 激しい労働をする人、お酒を多量に飲む人 カルシウムと共に、骨などの発育・形成に役立つ。
鉄分 干しひじき、アサリの佃煮 貧血の人、痔による出血のある人、月経のある女性、長期の下痢をした人 赤血球のヘモグロビンの要素
カリウム ゆであずき、バナナ 利尿薬をのんでいる人、長期の下痢をした人 ナトリウムやカルシウムと共に、神経や筋肉の機能を正常に保つのに役立つ。
細胞内外のミネラルバランス維持に役立つ。
亜鉛 かき、ごま 長期の下痢をした人 たん白質や核酸の合成に関係します。
味覚を正常に保つのに役立ちます。
リン しらす干し、チーズ 骨や歯の弱い人 ビタミンDとの同時摂取が大事。
セレン 大豆、いわし 精子造成の栄養剤としても注目 ビタミンEなどと協力して、血液の流れを改善します。
ナイアシン 肉、卵、牛乳、レバー、豆類、たらこ 肌荒れ、口内炎、直射日光での皮膚のただれ 水溶性なので調理の再には煮汁を利用。
皮膚の代謝に関与
パントテン酸 レバー、肉類、ローヤルゼリー、豆類、いも類、トマト、鶏卵、いわし コレステロールの高い人
ほとんどの食品に含まれ普通は不足しない
脂肪・糖質の代謝に関与
葉酸 レバー、かき、鶏肉、豆類、ブロッコリー、ほうれん草 貧血ぎみの人、お酒をよく飲む人
普通は欠乏しない
たん白質をつくるのに関与。
赤血球の形成に役立ち、貧血に効果があります。
ビオチン レバー、卵黄、牛乳、カリフラワー、野菜、大豆 湿疹・皮膚炎などの緩和、脱毛予防
普通は欠乏しない
脂肪・糖質・たん白質の代謝に関与。
クロム バナナ、ジャガイモ   糖代謝、脂質代謝に役立つ。
マンガン 落花生、れんこん   糖質・脂質・たん白質の代謝に役立つ。
かき、牛レバー 長期の下痢をした人 骨が作られるときに必要な酵素の成分のひとつ。
ヨウ素 わかめ、ブリ   甲状腺ホルモンの構成成分。
モリブデン ほうれん草、豆腐   尿酸の生成に関係する酸化酵素の成分。

※妊婦や授乳婦は特にどれも必要な要素だそうです。
※女性が美容に気を使うなら特にビタミンA、C、Eを注意しましょう(^^;
男はまあ、BとCでしょうか?


ブラウザで閉じてください